旅行

初めての中国旅行で犯した5つの失敗

りょう
りょう
こんにちは。りょうです(@JapalithBlog
留学生A
留学生A

・初めての海外旅行で不安

・中国というだけでなんだか怖い

・なるべく失敗のない旅行にしたい

こんな気持ちを解決できる記事を今回はご用意しました。

ここで紹介する失敗談を読んでいただければせっかくの旅行を失敗によって台無しにすることはなくなります。

実際に僕が先日中国の成都を訪れた際、様々な失敗を犯してしまいましたのでこの経験がどうか皆様が最高の旅を送る助けになれば幸いです。

合わせてこちらの記事も参考にしてみてください。

中国で受けたカルチャーショック10選 先日イギリスでのワーホリ生活を終えまして無事に日本に帰国することができました! イギリスから日本に帰国する際中国の成都で乗...
中国のここが素敵7選 先日イギリスでのワーホリ生活を終えまして無事に日本に帰国することができました! イギリスから日本に帰国する際中国の成都で乗...

インターネットが使えない

ポケットWi-Fiや現地で使えるSIMを持ってきていなかったのでインターネットが使えず、この後にお話しするのですがかなり苦労しました。

現地のお店などもフリーWi-Fiなどは通っていないので旅行に行かれる際はネットを使うための手段を準備していくことは必須です。

また中国では規制が厳しく、普段私たちが使うような『LINE』『Twitter』『Instagram』『Youtube』『Google関連全て』などは使えないので事前に中国版のアプリをダウンロードしておくとよいでしょう。

『LINE』なら『Wechat』

『Twitter』なら『新浪微博(ウェイボー)』

『Googleマップ』なら『百度』

がそれぞれに対応した中国版のアプリになります。
日本にいる家族などに連絡したい場合などは事前に家族にもWechatをダウンロードしておいてもらうと連絡が取れるようになります。

僕の場合は中国でLINEが使えないことを現地についてから思い出したため連絡手段がなくなってしまい、母親からすれば息子からの連絡が突然途絶えてしまったということになるので大変心配させてしまいました。

会話不可能問題

インターネットが使えないのなら街ゆく人々に聞いてどうにかするしかありません。

しかし中国では英語が話せる人が全くいないため他人の協力を得られる可能性は0となりとても不安な気持ちのまま旅をすることになってしまいました。

少しだけでも中国語が話せたらどれだけ良かったことやら。。。

プライベートタクシーに乗せられ金をぼったくられる

りょう
りょう
これを思い出すだけで胃がムカムカしてくる
留学生A
留学生A
ぼったくられたの?
りょう
りょう
今回は完全に僕が馬鹿だった、、、

イギリスから中国まで10時間以上に及ぶフライトを終え成都に到着。飛行機の中で寝れなかったことや前日も徹夜したということがあり到着時にはすでにヘトヘトでした。

一刻も早くホテルに行ってシャワーを浴びたい。

予約していたホテルは街の中心地にあり電車やバスなど様々な行き方がありましたがスマートフォンも使えないし重い荷物もあったため多少お金はかかりますがタクシーで行くことに。

事前に調べていた情報によると1kmあたり2元ということでしたので空港から約30km離れたホテルまでは60元。日本円でたったの900円だったので大したことないと思っていたのです。

看板の案内に従ってタクシー乗り場まで歩いていると一人の男性が声をかけてきました。

中国語なのでわからないということを英語で伝えるとスマートフォンのアプリで翻訳機能を使い話しかけてきました。

どうやら彼はタクシー運転手で僕を街まで運んでくれるというのです。

キャッチ行為をするような奴は大体怪しいに決まっているのに極限まで疲れていた僕はノコノコとその男性について行ってしまいました。僕のすぐ隣には国が管理しているタクシーがズラッと列をなしていたにも関わらず。

最初に値段を聞いたのですが、彼は答えず。

僕自身現金をそれほど持ち合わせていなかったので足りるか不安でしたから「聞こえなかったのかな?」と思いもう一度聞くと「混み具合などにもよるからわからない」と言う男。

もうこの時点で100パーセントアウトなんですよね。

留学生A
留学生A
なんで怪しまなかったの?
りょう
りょう
もう何も聞かないで(泣)

乗っている最中疲れている僕にやたら話しかけてきたり、どうやら車は高級車らしく(僕は車に詳しくありません)やたらとその車自慢を聞かされ、ボトルの水(1本2元)などがサービスで出てきて超スローのWi-Fiまで使わせてくれる(無理やり繋げさせられる)

過剰な接客やサービス(あまり嬉しくはなかったけど)を受け、ここでようやく怪しいということに気づいたのですが時すでに遅く高速道路に乗ってしまっているため降りることもできません。

ホテルに到着し請求された金額はなんと400元

公共のタクシーを利用していれば60元だったのになんとその6.5 倍の金額。

しかも持ち合わせが300元でこのお金だけで1日過ごそうと思っていたのにまさかその持ち合わせを大きく上回る400元!!!

そんなにお金ないよ。と答えるも

僕が財布を開いた瞬間を見逃さなかったこの男。僕の財布の中にあるイギリスのお金を見つけて「それで代わりに払ってくれてもいいよ」と。。。

今回は僕がしっかり事前に値段を聞いておいて下調べをしていればよかったし完全に僕の失敗だったと落ち込んでいたので今回はその勉強代だと思い泣く泣く300元と数ポンド払ってどうにかその場を収めました。

思い出しただけで悲しい気持ちになってくる。。。泣

予約したホテルは中国人専用ホテルだった!?

なんとか辿り着いたホテル。

入ってすぐのところにある受付にはすでに中国人客がいて2つデスクがあるものの両方ともものすごいボリュームで何やら言い争いをしている様子。

待つこと10分。その客は何かを諦めるようにして去って行きました。

ようやく僕の順番が回ってきました。

これでこの疲れから解放される!やっとシャワーを浴びてベッドに寝転がれるんだ!ただならぬ興奮と期待感を背負い僕は受付の前へと歩を進めます。

ホテルなので流石に英語は通じるだろうと思い意気揚々と話しかけるも何やら向こうは驚いた顔。

そして隣の受付の人と笑い始めるではありませんか。

なんだなんだ?客の前でそれは失礼なんじゃないか?

そう思ったのも束の間、彼女たちもまたスマートフォンの翻訳アプリを使って話しかけてくる。

内容はこうだ
「ここは中国人専用のホテル。外国人のあなたを泊めることは出来ません。」

頭が真っ白になったのを今でも覚えている。

確かに僕はホテルを予約した。しかも英語で。英語のホテル予約サイトを使って。

ホテルからはちゃんと確認のメールも来ておりそれをスタッフに見せるも英語が読めず理解できない様子。

すると今度は
「おそらく何かの間違いがあったようなのでこの電話番号に電話してキャンセルしてもらえるように言ってください

もうこの時点で僕は大パニック。電話?キャンセル?そもそも中国で使える電話番号を持っていないから電話なんてできないし、仮に誰かから電話を借りたところで中国人専用のホテルの人たちなんだから電話先の相手は中国語しか話せないだろう。

仮にキャンセルできてお金が戻ってきたとしても今日泊まるホテルはどうすればいい?ネットもないしWi-Fiも飛んでないので調べようもない。

まさに絶望中の絶望

しかしどうやら予約したホテルから送られてきた住所が間違っており正しい住所をそこのスタッフに教えてもらえました。

ただここからは離れており、タクシーでしか行けないとのこと。

「もうタクシーには乗りたくないよ」とは思いつつも再度重いスーツケースを引きずりながらタクシーを探すことに。

今度は公共のタクシーを捕まえ、そしてたったの6元で目的地までたどり着けました。

今回ももう少しホテルの外観だったりを調べていけば事前にこのようなトラブルに会うことはなかったのかもしれません。

感染症胃腸炎に。。。

空気感染もするこの感染症胃腸炎を中国でもらってきてしまいました。

留学生A
留学生A
えええええええ!大丈夫だったの?
りょう
りょう
おなか痛すぎて3日間ベッドに横たわってた、、、
留学生A
留学生A
原因は?
りょう
りょう
お医者さん曰く食べ物が良くなかったんだろうって

これは失敗でしたね。中国の中でも食べ物が美味しいことで有名な四川省に行ったのでついついなりふり構わず色々なものを食べすぎてしまいました。

また空気感染もあり得るということで、中国はまだまだ衛生意識は発展途上国並みですから日本人の私達からすると不衛生な場面が至る所に

そこから来た細菌を吸ってしまって感染症胃腸炎になったのかもしれません。

いずれにせよ中国に行かれる際は手洗いうがい、マスクそれと食べる物には気をつけて行かれるといいと思います。

こちらの記事でも不衛生な部分について触れていますのでどうぞご覧ください。

中国で受けたカルチャーショック10選 先日イギリスでのワーホリ生活を終えまして無事に日本に帰国することができました! イギリスから日本に帰国する際中国の成都で乗...

まとめ

初めての中国は驚きの連続でとても楽しかったです。

苦い思い出もありましたがそれでもまた中国のどこかの都市へ行ってみたいと思います。
都市が変わればきっと人や雰囲気もまた全く別物になるんだろうな

もし今度行くなら北京か上海に行ってみたい!

今回僕が体験した5つの失敗談が皆様の中国旅行をより楽しいものにする助けになれば僕も報われます。

りょう
りょう
ここまで読んでいただきありがとうございました! 留学に関しての質問相談はtwitterのDMで受け付けています。 僕のTwitterアカウントはこちら。(りょう@留学応援団) それではまた次回お会いしましょう!

まだの方はこちらの記事も是非ご覧ください。

中国で受けたカルチャーショック10選 先日イギリスでのワーホリ生活を終えまして無事に日本に帰国することができました! イギリスから日本に帰国する際中国の成都で乗...
中国のここが素敵7選 先日イギリスでのワーホリ生活を終えまして無事に日本に帰国することができました! イギリスから日本に帰国する際中国の成都で乗...