イギリス

ワーキングホリデー生活を終えてみて思うこと

りょう
りょう
こんにちは。りょうです(@JapalithBlog

久しぶりのブログ更新。書き方や投稿の仕方すら忘れてしまいましたがなんとか気合いで書き始めてみました。

19歳で留学を決意して大学を休学しイギリスでワーキングホリデー生活を1年以上続けてきました。詳しくは下のリンクにある動画を見てもらえたら幸いです。
〜日本から海外へ〜僕が留学するまでの軌跡
そんな僕ですが日本の大学を辞めてイギリスの大学に進学することになったのでワーホリ生活を中止してビザ申請など諸々のことをしに日本へ帰るといった次第です。

この記事を書いている僕は朝の6時、ヒースロー空港の中にあるCOSTAという喫茶店にいます。昨日の夜から大親友であり元々好きだった女の子と一緒に飲み、その後荷物を持って直接ヒースロー空港に来たというわけです。

大家と一悶着あったせいで今日は仕方なく空港泊。。。

今回の記事では1年間ワーホリをしてみての感想をざっくり、日記帳に書き込んでいくつもりで記録していきたいと思います。

1年間の流れをおさらい

2018年
1月 Youth Mobility Scheme(ワーキングホリデービザ)当選

6月 渡英
・語学学校+ホースステイ in オックスフォード
・車を借りてイギリス縦断の旅
・貯金0円

9月 ジャパンレストランにてお仕事開始
・ヨーロッパ諸国を旅行
・ロンドンからブライトンまで徒歩33時間かけて人生観激変

2019年
8月 仕事を辞めて英語学習本格化

9月 IELTS目標スコア達成

始めの3ヶ月〜語学学校編〜

語学学校に通っていたときのことなんて今思い返せば本当に遥か昔のことのように感じる。なのに記憶は鮮明なんだから人間て不思議。

この3ヶ月は試行錯誤の期間だったなぁ

初めての海外生活、英語での授業、銀行口座の開設やら通信会社との契約などなど。
特に始めの1ヶ月は本当に辛かったのを覚えてる。
やらなくちゃいけない手続きがたくさんあって、しかも毎日の授業ではみんなが何をいっているのかさっぱりわからないからひたすら笑ってやり過ごすだけの毎日

そんな日々の葛藤は1年前に書いたこちらの記事から

日本を出て1週間!早くもホームシック!?留学がスタートして1週間が経ちました! こちらに来て初めての週末です。 週末はどんなことをして過ごそうか考えただけでワクワク...
変わり始めた何かこんにちは 今回は苦しかった留学生活が楽しく感じられるようになってきた今日の出来事について話します。 この記事に書かれている...
忘れたくない思い出。書かずにはいられないこの気持ち。思い出してしまった。人を感動させる快感を。 今日は嬉しいことがいくつかありました。 これはネット上に公開するようなものではな...

四苦八苦していた僕ですが途中から僕自身が適応し始めて、友達ができるようになりそしてその友達たちと将来の夢について本気で語り合った時のことを。
あれほど僕の胸が熱くなったのはこの時が最初で最後だったように思います。

そんなこんな必死にもがいているうち3ヶ月という月日はあっという間に終了してしまい気づきたら貯金残高0円というとんでも無いことになってしまっていたのでとにかく仕事を求めてロンドンへ移住することに

語学学校で勉強して本当に英語力は伸びるのか?こんにちは! 最近まで僕は語学学校で英語の勉強をしていました。 今回は3ヶ月間の語学学校生活を経て英語に関して自分が思うこと...
語学学校に通う中で感じた「辛かったこと」「楽しかったこと」「びっくりしたこと」こんにちは! 少し前に3ヶ月間通い続けた語学学校での生活が終了しました。 思い返すとたくさんの思い出が昨日のことのように蘇っ...
UK縦断した男の車レンタル体験談先日グレートブリテン島縦断の旅をクルマでして来ました! 今回はクルマをレンタルした時の手順とお店の人とのやりとりなど実際に体験した...

〜お仕事編〜

財政が安定するまでの最初の1ヶ月は本当に節約節約の日々を送っていました。
どうして初めからお金をもっと貯めてこなかったんだと過去の自分を責めてしまうくらい(笑)

6泊7日で1万ポッキリの激安ホテルをレビューしてみた in LONDON!!!こんにちは! 現在僕は仕事を手に入れるべくロンドンに来ています。 住まいはお仕事が決まってから決めたいと思っていますのでとりあえずは...
超激安ホテルはやっぱり危険すぎた? in LONDONこんにちは! 以前6泊7日で1万円ポッキリの激安ホテルについてご紹介しました。 名前はKensal Green Backpa...
住まい探しの意外な方法 in ロンドン!! そしてまた監獄へ逆戻り!?こんにちは。 イギリスにワーホリや学生としてこれから来られる方が最も心配していることって「住まい探し」か「お仕事」だと思うんですよ...
ロンドンからブライトンまでの80kmを散歩してみて人生観が変わった話 先日僕が住んでいるロンドンからブライトンまで歩いて行ってきました。 普段から運動をあまりしていなかったため今回の旅は身体的...

 

それでもなんとか見つけたお仕事は高時給賄い付きということで貧乏だった僕には願ったり叶ったりのお仕事につけたのですがその仕事先はジャパンレストラン。

1度のランチに3万円、すごい時は50万円使っていくお客様たちの為のレストランです。住む世界が全く違う人たちの話はとても面白くそれらは僕にとって良い経験だったと思います。

英語が大して伸びていないことへの恐怖


2019年の6月頃から朝5時起床し10時まで英語学習。24時後に帰宅し急いで寝てまた5時起床という生活リズムを送り始め仕事に支障がで始めたため自分の人生について再思考し始めました。そして8月には仕事を辞め9月に受けたIELTSを受け入学基準を満たすスコアを獲得しました。

1年を通して思うこと

有り体な言葉になるけれど最高の1年だったと思います。
大学を休学してイギリスに来たという選択は間違っていなかった。

触れたことのない価値観に触れ日本では考えられないような人たちとたくさん出会った僕は人間として確実に成長したんじゃないかなと思います。

”この経験が将来キャリアに生きるのか?”
”自己満足じゃないか?”
と問われれば僕はその質問に対するアンサーを持ち合わせていません。

ただ本来ヒトというのは自分の幸せを追求して生きていくべきであって大企業などに就職してお金を得ることが人生ではないと思うのです。

ですから僕からしたらこの経験がキャリアに繋がらなくても自己満であったとしても構わないんです。

僕はそんなちっぽけなものとは天秤にかけられないほどの財産を手に入れたのですから。

僕の大好きな人

同時期にジャパンレストランで働き始めたその子は台湾人で10歳年上。
他人想いでリーダーシップがあって笑顔が素敵。最初は全く興味のなかったその子にだんだんと惹かれていきました。自分が彼女のことを好きだということを自覚したときには時すでに遅く、関係が成熟しきってしまっていたためその恋は実ることはありませんでした。

その代わり彼女にとって僕は親友になることができいろんな話をしたしロンドンの綺麗な街並みを眺めながら二人でよく歩いたりもしたものです。

この記事を書いている前日は彼女が僕を飲みに誘ってくれて。二人で行きつけのレストランへ。その時も僕が大家と一悶着あったことを聞いて僕の代わりに怒ってくれたり、重いスーツケースを運ぶ僕のことをこれでもかというほど気遣ってくれたり、お金がないのでまったく食事を摂っていなかった僕を心配してレストランでも僕のためにたくさん頼んでくれて明日の飛行機の時にでも食べなってチョコレートもたくさんくれて。

りょう
りょう
ごめんなさい。この部分まじでただのメモなんで。
今泣きながら書いてるっす。

最後に彼女とハグをして別れました。
それが永遠の別れのような気がして本当に本当に寂しかった。

ずっと好きだったけど彼女にはそのことを表に出しては彼女が嫌な気持ちなる。
だから必死に感情を押し殺して親友のふりをするこの気持ちわかりますか。
辛すぎるっす
そして僕は今日、日本に帰国。

もっと違うタイミングでもっと違うシチュエーションでもっと僕が早く生まれていてたらとか色々考えてしまいます。

そんな彼女からもたくさんのことを学びました。

これは僕にとって一生の思い出であり財産なんです。

文字数が長くなってきてしまったので今日はここまで。

りょう
りょう
ここまで読んでいただきありがとうございました! 留学に関しての質問相談はtwitterのDMで受け付けています。 僕のTwitterアカウントはこちら。(りょう@留学応援団) それではまた次回お会いしましょう!