その他

告白します。SNSのフォロワーが3000人を超えている理由

こんにちは。

今回は皆さんにずっと隠していたことをここで告白したいと思います。

本当はあまり言いたくなかったことなのであえて読まれにくい月曜日に投稿しています笑

ネット検索からこの記事を見つけて来てくれた方達は「なんのこっちゃ」と思うかもしれませんね。

そんな方はごめんなさい。「戻るボタン」を押してもらって構いません。

実はこのブログ、Google様の解析によると読んでくれている人の65%はツイッターから来てくれた人たちらしいのです。

なのでおそらくこの記事を読んでくれる人の6割は僕のフォロワー様でしょう。

そんなみなさんは不思議に思っていたのではないでしょうか?

何故こんなブログ初心者みたいなやつのフォロワーが3000人以上もいるんだ?と

一応アカウント貼っておきますね(@JapalithBlog)

twitter.com

Twitter上でも大して有益な情報を発信しているわけでもなければめちゃくちゃ面白いわけでもない。

いや、こんなブログを読んでくれている心の優しい皆さんであればそんな疑問を抱いたことはなかったかもしれません。

でもこんなことを考えた人はいませんか?「あれ?こいつもしかしてフォロワー買ってね?」って

「フォロワーを買う」という行為を知らない人のために説明します。

Twitterのフォロワー数がいわゆる人気度を表す指数として扱われることが多々あり、その数が多ければ多いほど人物の発言の信憑性が増すことがあります。
なのでビジネスをする上でこの数値はとても大切なものになるのです。
近年では大量にアカウントを作り依頼主をフォローするというビジネスが生まれました。

相場は企業によってまちまちですが大体1フォロワーにつき1円。つまり1万フォロワーがたった1万円で買えてしまうらしいです。

最近ではTwitterの運営側も対策しており、それらの偽アカウントの削除や、最悪の場合フォロワーを購入したアカウントを凍結したりと色々手を打っているみたいですよ。

詳しくはこちらの方の記事をご覧ください。

blog-jp.statusbrew.com

なのである日を境目にして有名人のフォロワー数が激減し、アカウントを買っていたことがバレてしまった方もたくさんいます。

有名どころでいうとオバマ元大統領が240万人トランプ大統領が34万人減ったとか

桁違いの数字でしたねΣ(・□・;)

政治家たちの間でも情報を気軽に発信できるTwitterのフォロワー数はとても重要だったのでしょう。

もうお分かりでしょうか?

このような著名人たちのフォロワーが次々と削除、またはアカウント凍結されている中で僕のフォロワーは未だに3000人以上いるのです。

このことからもわかるように

僕は決してフォロワーを買ったわけではありません。

ではなぜこれほどまでにフォロワーが多いのか?

話は4年前にまで遡ります。それはこのTwitterアカウントが作成された時のことです。僕はまだ高校2年生でした。

その頃の僕は留学にそれほど興味もなく、ゲームにばかりのめり込んでいました。

このアカウントも同じゲームをやっている人を探し、情報を交換し合うことが目的で運用されていたのです。

次第にフォロワーは増えていき一時期は6000人ほどにまで膨れ上がりました。

その後大学受験が始まり、ゲームも全くしなくなってしまったため、このアカウントに手をつけることもなくなりました。

時は経ち2018年4月。留学が2ヶ月後に迫った僕はあることを思いつきます。それがブログの開設です。

留学体験をブログにしてたくさんの人に読んでもらいたい。そう考えた僕は過去6000人いたTwitterアカウントを再運用することに決めたのです。

久しぶりに開いてみるとフォロワーは半減し3000人になっていました。

3000人もいれば十分だろうと思い、ゲームアカウントをそのまま留学ブログのためのアカウントへと転用してしまったのです。

これが僕のツイートの質とフォロワー数が一致しない理由です。

最初は別にこのままでいいやって思ってました。多い方が発言力も強いだろうし、昔僕のことをフォローしてくれていた人たちに今の状況を伝えたかったからです。

しかし4年という月日が流れ、ゲームの話で楽しく盛り上がっていたネット上の友人たちは誰一人いなくなっていました。

残っていたのは何年も活動していないアカウントばかり。まるで屍の山

とても寂しかったです。

けれどアカウントを作り直すことはしませんでした。やはり僕もまた3000という数字に優越感を感じていたんだと思います。

もう誰も活動していない、死骸だけが積み重なった意味のない数字に対して。

しかしそんな僕にもこのアカウントを運用してくうち

いつも「いいね」を押してくれる方

メッセージのやりとりを頻繁にする方

そしてほんの数人ですがブログ仲間と呼べるような方とも知り合いました(向こうがどう思っているかは知らないけど僕は勝手にライバルだと思って日々監視しています笑)

これらの方達は僕にとって、とてもとても大切な人たちなんです。

彼らがいいねやコメントをしてくれるのが嬉しくて嬉しくて仕方がないからブログを書き続けられているんです。

そこでふと疑問に思いました。

この人たちはこの異常なフォロワー数についてどう思っているんだろう?

やっぱり不審に思ってるのかな?

その他大勢にこのアカウントがどう思われてても特に気にすることはありません。

しかしいつも反応してくださっている方々に対してはなんだか隠し事をしているような気持ちに苛まれました。

特に僕が勝手に意識しているライバルの方達。彼らは毎日コツコツと記事を書きツイッターで呟いてフォロワー集めを頑張っている。

フォロワーが100人になったと喜び、200人になればまた喜ぶ。

なのに僕はどうだろうか?

こんななんの価値もない3000人よりも純粋に彼らのことが好きでフォローしたであろう、その100人の方がよっぽど羨ましく感じました。

小さなことでも一喜一憂する彼らと喜びを分かち合いたいし切磋琢磨したいと思っていたのだけれどこんな怪しいアカウントでは向こうも僕も絡みづらいのです。

そこで今回はまずこのブログを読みに来てくださっている方々にこの異常なフォロワー数のカラクリを告白することに決めました。

次は過去にフォローしてくださっていた方達をブロックすることでフォロワーを生きているもののみにしようと思います。

なんだか心苦しいのですが仕方ありません。

いずれ生きているフォロワーの数を3000まで持って行けるほど大きなブログ、Twitterアカウントにできるように頑張ります。

継続してりゃいつか行くっしょ!!

それではいつも読んでくれている皆さん。ここまで読んでいただきありがとうございました。

この告白がきっかけで見放されなてしまわないかとても不安です。。。

あなたが気づく頃にはきっと僕のフォロワーも300人くらいになっていると思います。

それでも仲良くしてくれると嬉しいです。

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m